fc2ブログ

ひろちとロードバイクSIX13の記録  ~ただメタボのためでなく~

初めて購入したロードバイク。キャノンデールSIX13。 関東近郊のオススメコースやその走行データ。 また、SIX13バイク本体や使用パーツのインプレッション等を掲載していきます。

ホーム > アーカイブ - 2008年11月

ロードバイク購入秘話 その3 ~GIANTってどうよ!?~

11月30日(日)22時18分
ロードバイクを購入する決意が決まって、
購入候補のメーカをやっとこさ決めたひろちです。

①GIANT
②TREK
③CANNONDALE

選択の理由はメーカそのものの姿勢や伝統もそうですが、
やはり決定的だったのはそのメーカに欲しいと
思えるバイクがあったからです。

本日は購入候補だったGIANTバイクについて
書いていきたいと思います。

184-orig.gif


まず、ジャイアントとはなんぞやという所からですが、
GIANTは今年で36年の歴史を誇る世界最大の自転車メーカで、
優れた技術力と生産設備を持っている大変優秀なメーカ
です。

よく自転車界のトヨタとして比喩されます。
つまり、製品の品質が高く、コストパフォーマンスが
高いという事です。

レースでの実績もあり、

名門T-MOBILEの主力バイクとして活躍しました。

T-Mobile-Windtunneltest-025.jpg

現在ではチームハイロードをスポンサードしています。

http://www.highroadsports.com/


6-orig.jpg

特に2009年は昨年からまいてきたマーケティングの種が、
実りつつある感があります。

恐らくGIANTは今までの、安物でアジア臭がするブランドイメージ
から転身を図っているのだと思います。

私がそう感じるのは、以下の点からです。

①08年よりネット販売の停止
②値引率の低下
③ジャイアントストアのオープン(場所も目黒通り沿いの都立大学駅前という好立地)
④エスケープの成功とカラーリングの多様化によるモダンイメージ
⑤エスケープからのロードバイクへの乗換ユーザを想定し、
  エントリー価格帯にファンライド・ロングライド仕様DEFYモデルの設定。

日本市場に成功を収めようと本気で取り組んでいるのが伺えます。

そんなGIANTで私が購入候補としてあげていたのは、
DEFY ALLIANCE1 と TCR ALLIANCE1

■DEFY ALLIANCE1
R0205022_l.jpg

■TCR ALLIANCE1
R0103011fd.jpg

どちらも、カーボンとアルミのハイブリッドのバイクですが、かなり用途が違うようです。
写真でも一目瞭然ですが、ハンドルからサドルまでの距離はTCRの方がだいぶ
長いですし、ハンドルとサドルの高さの差異もTCRの方があります。

実際、ひろちも購入前まではこの辺りのポジションは話で聞くけど、、、
実際そんなに関係あるの?という感じでしたが、今ロードに乗り始めて
これだけは言えます。

めちゃくちゃあります。
※その辺の話はまた後日に書きます。

結局、カタログと睨めっこしててもよくわからんので(カタログだと初心者が
目にみえて判るのって、コンポーネントのグレードと素材とデザイン
位だと思いません?)、都立大学のGIANTストアに直接見にいくことに
しました。

そこで見た実物は、

おおぉ。昨年までのGIANTと比べると明らかに高級感漂うデザイン!
正直、かなりイケてるので、思わずカードで買ってしまいそうになったくらいです。

スタッフの方に、

DEFY ALLIANCE1とTCR ALLIANCE1の違いを質問すると、やはりフレームの形状の事を
おしゃっていて、前述のハンドルとの距離や高さの事を説明して下さいました。

ロードに慣れていないならばDEFYの方が快適で腰や背中にも負担が無いとのこと。
但し、ロードが上達しその当たりの筋肉がついて、より早さも求めるならばTCRだ
そうです。

ひろちとしては、早く走りたいというのが前提にあったので、悩んだ結果TCRを
GIANT候補としました。

このTCRのセールスポイントは何ですか?という質問には

①20万以下でカーボンを使用した非常に乗り味の良いフレームを採用している
②同じく、20万円以下で105の10速仕様のコンポーネントを採用
③465mmサイズなら重量が8.7kg以下の重量で十分に軽い
④フレーム形状からレースにも出場可能なスペック

とのことでした。かなりイイ。

また、公式にGIANT言っている訳では無いのですが、
明らかにチームハイロードのマシンを意識したこの
漆黒のボディがかなり魅力的。

この時点で結構、自転車を見ていたひろちですが、②が結構曲者でして
20万以下だと、名門メーカではほぼTIAGRA9速仕様なのです。

これが何を意味するか当初は全く判らなかった(別に一速位無くても
関係ないっしょ!みたいに)のですが、色々話を聞いていく内に
関係大有りな事がわかりまして、、

それは、パーツの体系が9速と10速では異なっているようで、
いわゆる上級グレードの替えパーツはホイールを筆頭にして
ほぼ10速用で構成されています。

ひろちとしては長く続けるつもりなので、将来はきっと良いホイールや
良いパーツをつけたくなる時がくると思います。その時に、9速では
現状構成から上のランクへバイクを引き上げるのに制約がかかるのです。

そしてもし、やっぱり10速がいい!といって、9速仕様のバイクを10速に
完全に付け替えを行った場合、10万近い金額がかかるそうです。

かといって、他のメーカだと定価で25万くらいしますし、困ったものだと
思っていた時にこのバイクは非常に魅力的に見えました。

結局、この日は購入には至りませんでしたが、噂通りGIANTの
コストパフォーマンスと徐々にあがりつつあるブランドイメージ
に購入意欲を駆り立てられて、愛車エスケープで北区まで帰りました。

しかし、実物を見る事と製品を良く知る専門員さんの話を聞いて、
GIANTへの注目度が俄然あがったわけです。やっぱり直営のフラグ
シップ店を開くって大事なんですね。

たぶん、事前に2chの変な掲示板で変な印象を植え付けられてしまって
いたので、購入に至りませんでしたが、
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/bicycle/1224945890/
を見ていなかったら本当に買ってました。
※多分、後数年でGIANTのイメージも良いほうに変わる気がします。
  この数年にエスケープを買ったユーザは大事な将来のお客様
  って気がします。

次回はTREKのお話を掲載予定です。

乞うご期待!


↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 




スポンサーサイト



走行日記 ~ツール・ド・関宿~

11月29日(土)23時18分
購入秘話は一旦休憩です。

今日は土曜日で晴天というだったので、
少し足を伸ばして北区の自宅から、

明治通り⇒国道6号⇒松戸⇒江戸川CR⇒関宿

↓緑の再生ボタン押下でルート案内開始です。


というルートで走ってきましたので、その走行日記です。

江戸川CRで関宿城まで行ったのは初めてでしたが、
クロスバイクの時と比べて大分楽に行けるようにな
りました。(クロスでも野田にちょい入ったくらいまで
なら行ったことがありました)

江戸川の始点までは松戸から約40km程度の行程に
なります。今日の目的は買ったばかりのSIX13に慣れ
るという事とインラインローラースケートの元全日本
チャンピオンのK氏と楽しく一緒に走るということです。
(ファンライドといいつつローラースケートで25km巡航
するK氏にびびる事になるのですが。。)

10時半頃に松戸市馬橋付近の江戸川河川にて
待ちあわせをして、いざ関宿城までスタートです。

往路は風が無風だった事と、K氏が時速25km巡航で
なら楽しく滑れるというのでそのペースで関宿を目指す。
結果、意外に早く12時半位に関宿に到着しました。

DSC00052.jpg
DSC00051.jpg
DSC00035.jpg


ワタクシ、恥ずかしながらそこで江戸川が利根川から
派生した川である事を始めて知りました(^^;

これまたちょっと驚きだったのですが終点付近には
意外にも大きなショッピングモールや道の駅がある為、
お食事やドリンク補給には事欠きません。
DSC00045.jpg


本日はK氏のオススメで道の駅で食事を取ることに。
http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/road/eki/station/iba_sakai/index.html
DSC00044.jpg


道の駅に入ると所狭しと新鮮な野菜とか果物が
置いてあり思わず買いそうになりましたが、今日は
自転車なので我慢我慢。。。
(道の駅で売っている野菜って結構おいしいですよー)

道の駅内の定食屋は安くて美味しかったので大満足。
トンカツ定食で680円は安いですし、ソフトクリームも美味かった。
DSC00049.jpg

結局1時間位、久しぶりの再会であるK氏とおしゃべりを
しながらランチを楽しんで、復路は14時に出発。

ショックな事に帰りは向かい風が吹いていまして
特にインラインローラースケートは自転車以上に
向かい風がきついらしく、かなりしんどそうでした。
(しかし、さすが世界選手権出場選手。。
ガンガン進む進む。。ローラースケートで
80km走るってやはり普通ではない。。)

往路はそんな状況だったのでさらにのんびりで
帰って、結局最初に待ち合わせたポイントに
帰ってきたのは16時過ぎでした。
※ちなみに今日の実感で初心者でも松戸⇒関宿城は
 5時間の行程を組めばのんびりとツーリングできると
 思います。風の無い日がオススメです。。。

そこから、私は北区まで帰らなければいけない
のがちょっとブルー。。。

いやぁ、しかしながら今日は気候が良くて最高でした。
やっぱり自転車は本当に楽しい。ウィークデイの
疲れが吹き飛びます。

そして、最後にSIX13の乗り味の感想ですが、

DSC00036.jpg


SIX13はやっぱり車体が軽くて、振動吸収性が
相当高いようです。漕げば本当に良く進むし、
CRにはしばしば路面が悪い箇所(アスファルトの
目が粗くてガタガタのところ)があるのですが
そこでは自転車自身が振動を抑えてくれている
のが明らかにわかり大分快適でした。

結局、今日は120km弱の走行となりましたが、
意外や意外で結構元気な状態でいられています。

今後もっと愛車を乗り倒していって、この冬に
レベルアップを目論んでいるひろちであります。

■本日の走行データ
<行程(往復)>
北区自宅⇒明治通り⇒国道6号⇒松戸⇒江戸川CR⇒関宿
走行距離:119.61km
平均速度:21.4km
最高速度:47.2km
走行時間:5:34:27
積算距離:209.4,m

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/11/29 23:18 ] 走行日記 | TB(0) | CM(2)

ロードバイク購入秘話 その2 ~どのブランドにする!?~

11月27日(木)21時41分
ロードバイクの購入を決意したひろちですが、
いざ購入となると実際にどのバイクを買えば
良いのか全く判りませんでした。

つまり、インターネットのSHOPやメーカーHP
でどんなメーカが有名でどこが安いとかまでは
判るのですが、SPECのどの部分に注目すれば
良いのかとか、その注目すべき部分が違うと
走りにどう影響するのかとかが判らないのです。

安い買い物ではありませんし、購入後5年は
乗りたいので失敗は極力避けたいという思いから、
まず第一段階として以下の方針で購入対象とする
メーカーを絞りました。

■選定方針______________________
①大手メーカー
 ⇒安心確実!初期不良とかに対応してくれる!
 
②自社バイクがツール・ド・フランスで
 好成績を残しているメーカ
 ⇒実績アリ!
 
③購入価格が20万円以下
 ⇒これ以上だと夫婦喧嘩
 
④デザインがかっこよく、軟派でない
(実はこれが一番大事だったかも。。。)
 ⇒購入後の愛着心

なので、まずは愛すべきブランド探しからスタート。
完全に独断と偏見でネットの情報やSHOP店頭のPOP等を
見ながら以下のように大手メーカを査定しました。

■メーカー徹底比較________________
<GIANT(ジャイアント)>
giant_logo.gif

★長所
・コストパフォーマンス高い
・自社生産(自社に大型の製造設備保有)
・カーボン技術の高いノウハウを持っている
・乗っていたエスケープが凄く良かった

★短所
・高かったとしても安物というイメージがつきまとう
・乗ったその日からアンチGIANTの連中を敵に回す
・意味も無く馬鹿にされる(←決定的)


<TREK(トレック)>
trek.gif

★長所
・ランス・アームストロングやコンタドール等の
 自転車界のスーパースターが乗っている
・数多くの実績に裏付けられた技術力
・ブランドイメージが良い
・アンチTREKも多いがそれはTREKに対するヒガミとして
 処理できる程のブランド力がある
・TREKショップ(六本木)の接客が素晴らしい
 (BMWでも買いにきていると錯覚する位の接客レベル)
・デザインが異様にかっこいい

★短所
・コストパフォーマンスが悪い
・華やかなマドンというフラグシップバイクに
 力を注いでおり、それ以下のエントリーモデル
 にはあまり力を入れていないという噂がある
・インターネットで購入不可能
・価格統制を行っており値引は期待できない


<COLNAGO(コルナゴ)>
colnago.jpg

★長所
・イタリアの由緒正しき名ブランド
・早い段階(1986年)からフェラーリとカーボン
 の開発行ってきておりカーボン技術が高い
・ツールを含めて長い歴史の中で幾度と無く活躍

★短所
・コストパフォーマンスが悪い
・TREK同様、エントリーモデルにはあまり
 力を入れていない(ような気がする)
・デザインがあまり好きになれない
・インターネットで購入不可能


<PINARELLO(ピナレロ)>
logo_pinarello01.gif

★長所
・デザインがかっこいい(F1のようでレーシングカーっぽい)
・乗っている人に速い人が多い気がする(荒川CRにて)
・高級ブランドのイメージ
・雑誌とかの評価が高い(直進安定性が高いとのこと)
・エントリーモデルにも力を入れている(とのこと)

★短所
・何度も追い越され恨みがある
・コストパフォーマンスが悪い
・乗っている人が多い(気がする)
・インターネットで購入不可能


<BIANCHI(ビアンキ)>
bkttt.gif

★長所
・コストパフォーマンスが高い
・イタリアで長い歴史を持つ国民的企業
・ヤン・ウルリッヒがビアンキチームで活躍
・アルテグラ装備で20万以下のバイクがある
・チェレステカラーが目立つ
・インターネットで値引価格で購入可能

★短所
・輸入商社がクソで、予約から半年待たされる事もザラで
 極めて入手しづらい
・日本では5万前後のクロスバイクは有名でも、
 ロードバイクは情報不足で本当に良いのか不安
・ひろちがチェレステカラーという柄じゃない。


<GIOS(ジオス)>
gios.jpg

★長所
・クロモリフレームが有名
・GIOSブルーが素敵すぎる
・コストパフォーマンスが高い
・インターネットで値引価格で購入可能

★短所
・ツール等の実績が少ない
・走行に力を入れたバイクというよりもどちらかというと、
 見た目に重心がある(ような気がする)


<LOUISGARNEAU(ルイガノ)>
louis garneau

★長所
・コストパフォーマンスが高い
・カーボンバイクに力を入れている
・インターネットで値引価格で購入可能

★短所
・軟派でデザインがどうも好きになれない
(女の子が世田谷でサイクリングするイメージ)
・世界的な大会での実績があまりない
・性能追求というより、商売繁盛を追求して
 いるように思える


<CANNONDALE(キャノンデール)>
logo_cannondale.gif

★長所
・世界最高峰のアルミバイク製造技術を有する
・デザインがアメリカンでかっこいい
・ツールで活躍(クネゴとか)
・自社製造設備保有(HANDMADE IN USA)
・エスケープをぶっちぎって走行可能(体験済)
・過去のフラグシップであっても新製品が出たら、
 価格を落として販売し続ける。

★短所
・2009年モデルがいまいちなデザイン
・インターネットで購入不可能

以上の判断から、ひろちは下記のメーカーの中から
バイクを選ぶ事に決めました。

①GIANT
②TREK
③CANNONDALE

次回はこれらメーカの中から購入候補として
選定した車種とその理由を書きたいと思います。

乞うご期待!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 



ロードバイク購入秘話 その1 ~ロードバイクが欲しい!!~

11月26日(水)00時07分
ロードバイクがどうしても欲しい!!
そう思い始めたのは今年の夏ごろからです。

愛車のエスケープは街乗りとしては申し分の無い
性能を発揮してくれていたのですが(エスケープの
良さについては後日またブログに掲載します)、

やはり、ロードバイクと比較すると、スピードや
長距離巡航での疲れの残り方等が劣っているとの
話を聞いて(実際に乗った事は無かったので)
ロードバイクへの思いを募らせていきました。

特に、荒川サイクリングロードや主要な幹線道路(国道1号、
6号、15号等)を走っていると、私がクロスバイクでどんな
頑張って走っていても、35km以上で巡航しているロードバイク
(特にピナレロのFPシリーズ、キャノンデールのCAADシリーズ
に公道を早く走るバイクが多かった気がします)に抜かれて
しまうのです。

ひろちが頑張って、彼らを抜こうものならば、GIANTのクロス
バイクごときがっ!蹴散らしてくれるわ!!と言わんばかりに、
猛スピードでアタックをかけられて抜き返されてしまうという
悔しい思いを何度もしていました。

特に決定的だったのは初秋の頃、国道6号線を東京方面に
走っていた時の事でした。その日はすこぶる体調が良く、
クロスバイクとしてはかなり頑張っているといってもよい
35km弱で走っていました。

すると後ろから、高速で接近する緑色のロードバイクが、、、
そして例のごとくひろちを抜きさっていったのです。

しかし、今日のひろちは体調が良かったのもあって、
何を血迷ったかそのロードバイクに付いていこうと
思ったのです。

「機体の性能が勝敗を決める絶対要因ではないよ。。。」

とかブツブツ言いながら、ひろちは頑張りました。
35km前後で数kmもその緑色のバイクに食い下がったです。

そして、青砥のあたりでしょうか。。。そのバイクの主が
こちらを振り返って、ニヤリと笑ったのです。

そこから彼の快進撃ともいえる走りが始まりました。
40km近いスピードで走り始めたのです。

そうなると、もうエスケープでは絶対に追いつけません。
エスケープにとって40kmというスピードは出す事は
できても持続して走る事はとても無理なスピードだから
です。

実力不足も原因である事は間違いないのですが、、、
悔しくて堪らないひろちは、こう考えたのです。

「俺もあのバイクさえあれば・・・」

ひろちを抜き去っていったバイクの太いフレームには
こう書かれていました。

「CANNONDALE CAAD9」
caad95_liq_1.jpg




こうして、冬のボーナスをターゲットとしたひろちの
ロードバイク探しが始まったのであります。

次回はひろちが購入に至るまでの
ロードバイク徹底比較編です。

ひろちが調べた情報を展開していきたいと思います。

乞うご期待!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


ブログ開始のご挨拶

11月25日(火)14時09分
はじめまして。ひろちと申します。

プロフィールにも書きましたが、ひろちは2006年の夏に友人
に自転車を勧められてGIANTの06年のエスケープR3を購入。

実際乗ってみると、驚く程軽いペダリングで進んでいく事に驚愕し、
ママチャリとは全く別の乗り物と認識。

すぐに自転車が大好きになって、購入2週間目には1時間の電車
通勤を自転車に切り替えて、一ヶ月後の10月には季節外れの
夏休みを使って、4日の工程で東京から名古屋まで自走するほど
自転車に惚れ込んでしまったのです。

その後、エスケープR3で2年の歳月と7000KMの走行距離を重ね、
ついに本年、11月9日にロードバイクに乗り換えを果たしました。

このブログではひろちと愛車SIX13とのエクスペリエンスを
徒然と書いていこうと思っています。

自分にとっても備忘録であり、他人が見ても有益な情報を書いて
いければと思っておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

次回からは、ひろちがエスケープからロードバイクSIX13に
買い換えるまでの秘話を書いていきたいと思います。

乞うご期待!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 
[ 2008/11/25 14:09 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

ひろち

Author:ひろち
友人の一声で2年前にGIANTエスケープR3購入をきっかけに自転車にはまったサラリーマンライダー。2年の歳月と走行距離7000kmを経て、ついに08年11月に念願のロードバイクCANNONDALEのSIX13を購入!!

今後、愛車ガンガン乗り倒して行く事も目論む、ビギナーライダーです。どうぞよろしくお願い致します。

フリーエリア