fc2ブログ

ひろちとロードバイクSIX13の記録  ~ただメタボのためでなく~

初めて購入したロードバイク。キャノンデールSIX13。 関東近郊のオススメコースやその走行データ。 また、SIX13バイク本体や使用パーツのインプレッション等を掲載していきます。

ホーム > アーカイブ - 2008年12月

走り納め ~ツール・ド・秋が瀬~

12月30日(火)17時59分
こんにちは。ひろちです。

暫く、年末の繁忙さで更新が滞ってしまいました。
普段会えない友人でも年末は結構予定を作って
いたので12月はお酒を飲みすぎてしまいました。

連日、ビールを飲んでいたような。。。

今日は体の中に蓄積された、アルコールを初めとする
老廃物を一掃するべく、今年最後となるであろう走行を
してきました。最後なので、無理をせずのんびり
とロードバイクを楽しみました。

40km程度で2時間も走っていないですが汗をかけた
おかげで体の中の汚い物が全部出て行ったような
感じがしました(笑)これでお正月も美味しくご飯とお酒を
楽しめる。さすがロードバイク♪素晴らしい♪

年末でお休みの方が多いのか、荒川CRにも
多くの人が走っていました。みんないつになく穏やか
な表情の人が多かったような。。。

ひろち自身も同じように穏やかだったので、今日は初めて
すれ違いのロードバイクレーサーに会釈をしてみました。
相手もニコッと笑顔を返してくれて嬉しかった・・・。

やはり長期のお休みが皆の心を穏やかにしているんでしょう♪

■ルート(緑の再生ボタンでルート案内開始)
自宅⇒明治通り⇒王子⇒江北橋⇒荒川CR⇒秋が瀬公園 (往復)


本日の走行はデジカメが無かったので、写真はなしです。

今日は完全無風の状態で、走り納めとしては素晴らしい状態で
走行できました。ただ少し残念だったのは、もっとクリアな景色を
想像していたのですが、意外に空気に霞みがかかっており、
遠くまで景色を見渡す事ができませんでした。

まだ工場とか動いているのかな?これが正月になると空気が
澄んできて凄い景色が綺麗になるんですよね。
初走りは3か4日かなぁ。。。。。。

ちなみに明日31日からは、帰省等で自宅を離れますので、
次回更新は多分、お休みの終盤になると思います。

今年はこのブログを開始でき、多くの方々に見ていただいて、
大変感謝しています。来年は一つ面白いものを試してみたい
と思っています。その効果を逐一報告するという形式で
記事を書きたいと思っていますので、来年も何卒宜しく
お願い致します。

皆様も良いお年を!!

<コース総括>
■GOOD
①景色が良い。
 北区から川上へ向かうと、遠くに山々(秩父山地?)が
 見えて海側へ向かうより景色が綺麗です。また、荒川自体も
 河口に比べたら景観に富んでいます。

②走行距離の管理が楽。
 荒川CRは走ろうと思えば、熊谷付近まで走っているので、
 今日は軽く秋が瀬まででしたが、物足りなければ容易に
 距離を延長できます。

③人が少ない
 河口付近は野球少年等がいっぱいですが、川上に向かうと
 だんだんと郊外になっていくので人自体は少なくなります。 
 
■BAD
①路面が悪い
アスファルトの質が海側へ向かう時に比べて目が粗くて質が
悪いです。それだけでなく、時折砂利道もあります。

②「輪留め」が多い
輪留めが頻繁に出現し走行の腰を折られます。
※但し、秋が瀬公園以降のCRは正式なCRコースの
 為輪留めはほとんどありません。あくまで秋が瀬までです。


■点数(10点満点)
7点

■本日の走行データ
<行程>
自宅⇒明治通り⇒王子⇒江北橋⇒荒川CR⇒秋が瀬公園 (往復)

走行距離:42.35km
平均速度:25.5km
最高速度:47.5km
走行時間:1:39:20
積算距離:392.8km


↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


スポンサーサイト



[ 2008/12/30 17:59 ] 走行日記 | TB(0) | CM(0)

キャノンデール車の試乗 ~乗ってナンボでしょ~

12月25日(木)23時20分
こんばんは。ひろちです。

今年の会社出勤も明日がラストで年末休暇に入ります。
2008年は本当に色々な意味で大変な年でした。。。

自転車にうつつを抜かしている場合では無くなりつつ
ありますが、心身を健常に保つのにはこれ以上無い位
の素晴らしいツールでありますので、暗い世の中を逞しく
乗りこなして行くために自転車に乗りたいと感じている
次第です。

さて、今日はお気に入りのキャノンデールのHPを見ていたら、
こんなニュースがありました。

「試乗車一覧を更新しました。」
http://www.cannondale.co.jp/shop/testride.html
sijyou.gif


・・・こんなサービスがあったとは驚きです。
ひろちは長々と購入秘話を書いたように自転車に実際に乗る事
ができないが故にああまでして想像を膨らませて悩んでいたのです。

その時に思っていたのは自動車には必ず「試乗車」というのが
用意されているのにロードバイクは何故試す事すらできないんだ
という事でした。

本来、自動車以上に乗り手とマシンが近い自転車こそ試乗できる
べきだと日々思っていたので、このキャノンデールの試乗告知は
素晴らしいです。

メーカページで告知する事で、メーカは自転車に触れてもらえるし、
販売店はお客にきてもらえるし、お客は実際に乗れるし、、
商品さえ自信があるならWIN-WIN-WINだと思うんですよね。

GIANT・TREK等の大手メーカもどんどん試乗車を増やして、
買い手に比較するチャンスを与えて欲しいです。

欲を言えば、試乗イベントを開催する位のガッツが欲しいですね。
多分、サイクルモードがあれだけ混むのだから、1社だけでも
大手メーカ主催のイベントなら参加者が見込めると思うんですけどね(^^;

メーカの方がこのブログを見ているならば、何故にサイクルモード2008が
あれだけの人々が訪れて、何を目的に来場していたのかを再考して頂きたいです。

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 





[ 2008/12/25 23:20 ] 自転車雑感 | TB(0) | CM(0)

ひろちが東京で一番旨いと思う餃子 ~都内ポタリング with 天龍~

12月23日(火)23時37分
こんばんは。ひろちです。

都内をクロスバイクでポタリングするなら、
皇居や銀座をコースに選定する事が多いと
思うので、銀座にあるお気に入りの餃子の
お店を紹介します。

当ブログでの初グルメカテゴリ記事です。(笑

タイトルにあるとおり、ひろちが東京で一番旨い餃子を
出すと思っている天龍というお店を紹介します。

http://gourmet.livedoor.com/restaurant/379/

いつも、お客さんが絶えなく人気店ですが、
客の回転率が非常に高いので多少並んでいた
としても結構早く入店できるはずです。

この天龍でオススメメニューですが、、

「焼き餃子 1100円」

です。

他にも沢山メニューがあってしかも結構良いお値段が
するので、美味しいような気がしますが、あまりに
餃子が美味い為に餃子と比べてどれもあまり大した事が
無いように感じてしまいます。

また、この店の餃子は超巨大サイズですので大食漢の
サイクリストでもかなり満足出来るボリュームがあります
ので、天龍では素直に餃子とご飯を頼むのがひろちの
オススメであります。


さて、ここまでひろちが絶賛する天龍餃子は
一体どのような餃子なのでしょうか。

天龍の餃子を一言で表すとしたら、

「ガツンと来る旨さの餃子」

です。

ひろちは美味しいという定義には2通りあると、
考えています。

一つは、ちょっとした工夫がこらされていて、
新鮮な感じでかつ美味しいというパターンです。
言葉で表現するのは難しいのですが、
例えば、この餃子はタケノコのシャキシャキ感が
あって美味しいね!とか、この前菜、柚子コショウ
の風味が効いていて旨いね!とかです。

よく、結婚披露宴で出てくる料理がそれに当たる
と思います。


そしてもうひとつの美味しいは、口に入れた瞬間に
ガツンと旨いものです。ごちゃごちゃ言う必要はない
のです。うわ。これウマイ!!と素直に思えるものです。

同じく例をあげるとしたら、高級寿しのトロや
神戸牛や松阪牛の高級なステーキなどがそうで
あると思います。


天龍の餃子はその後者にあたります。
口にほうばって、口いっぱいに広がる肉汁の
ジューシーさがなんともいえないおいしさなのです。


色々な餃子を食べましたが、やはりこの天龍の
餃子が私は一番だと思っています。

もし自転車で銀座付近を通りかかる機会があれば、
是非立ち寄ってみてはどうでしょうか?

あー。こんな事を書いていたら、
ひろちもまた食べたくなってしまいました(笑

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 



[ 2008/12/23 23:37 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

走行日記 ~ツール・ド・葛西~

12月21日(日)22時44分
こんばんは。ひろちです。

今日の気温は一体なんだったんでしょう?
暖かすぎて、走行中も暑くて仕方なかったです。

さて、今日は東京エンデューロ2008が終了して
初めての走行です。先週、ハイペースで走ったので
ひどく筋肉痛になったフクラハギもようやく回復しました。

今日の走行スケジュールは2時間以内で、出来るだけ
早く走れるコースという事で、ひろちにはお馴染みの
荒川CRを海側の先端(葛西)まで行って帰ってくる、
コースにしました。ちょうど40km位ですから、1時間
半位の巡航になります。

■ルート
自宅⇒明治通り⇒王子⇒江北橋⇒荒川CR⇒葛西⇒浦安 (往復)


<荒川CRのスタート地点>
実際の「海から0km」というポールはもっと手前にありますが、
サイクリングロードの先端はここです。
DSCF8431.jpg

<愛車を正面から>
ボトル詰めてこなかったからペットボトル直接でちょっと
みっとも無いですね。。。
DSCF8427.jpg

<葛西臨海公園の観覧車をバックに>
天気が良く、暖かいから気持ちよかったです。
DSCF8425.jpg


今日は海側からの風がもの凄くて、往路は本当にしんどかった、、、
しかしそれでもアベレージ24kmで走行できました。やはり先週の
エンデューロを経験してモチベーションが上がっているから頑張れ
ました。

でも往路の苦しみを救ってくれるように復路は追い風でとても
快適でした。平地なのに、MAX54.4kmもでちゃいました。

購入後の最高時速です。もっといけそうでしたが、
遠くに人が見えて、大人だし万が一とかあったら
危ないからやめとこ(笑)と思ってペダリングを辞め
ちゃいました。
DSCF8435.jpg

しかし、本当にこのバイクの高速安定性は凄い。ロードバイクって
全部こうなんだろうか。40kmとかでも全然ハンドルもぶれないし
足さえ疲れてこなければ快適そのもの。

まぁツール・ド・フランスとかだと40~50kmとかで走りっぱなし
らしいから、それに出てたこのバイクはその速度域で快適に
走るように作られているはずなので当たり前なのかもしれない
けど。でもやっぱりスゴイ。。。
購入秘話に書いたようにツールとかの実績がある
バイクを購入の判断にするというのはあながち間違いでは
ないかも知れません。)

エスケープでは正直追い風で35kmとか出てるとハンドルが
ぶれてきてちょっと恐怖を感じたりしてましたからね。
その点は大分違いますね。


<コース総括>
■GOOD
①路面状況が良い。
 北区から川上に向かうとアスファルトの質が
 ギザギザな部分が多いのですが、川下側は
 とても路面の質が良く、走りやすいです。

②「輪留め」 が少ない。
 これって結構重要です。自転車は止まってしまうと、
 また加速するのにエネルギーを使うのであんまり輪留め
 が多いとイライラしますよね。しかもビンディングペダル
 だとなおさらです。
 
■BAD
①危ない
 本来この区間は国土交通省のページをみると判りますが、
 サイクリングロードではありません。なので、道路脇には
 元気な野球少年や子供達が大勢います。しかしこの区間の
 主役は我々サイクリストではなく実は彼らが主役です。
 遠くを見ながら常に不測の事態を想定しながら走る必要が
 あります。

②風が強い。
 暖かい日は海側からの南風。寒い日は川上からの北風と
 風が吹いている日が多いです。これは河川敷コースの
 宿命とも言えるかもしれません。まぁプラスに考えれば
 向かい風もトレーニングになるのか。。。
 
 

■点数(10点満点)
8点



この区間は前述の通り注意して走らなければ
なりませんが、練習には最適なコースだと
思います。幅もあるし、何より路面がいい。

ひろちは今後もこのコースは定番となると思います。

■本日の走行データ
<行程>
自宅⇒明治通り⇒王子⇒江北橋⇒荒川CR⇒葛西⇒浦安 (往復)

走行距離:41.42km
平均速度:27.6km
最高速度:54.4km
走行時間:1:30:26
積算距離:350.4km

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 

[ 2008/12/21 22:44 ] 走行日記 | TB(0) | CM(0)

輪行バック ロード220 インプレ!! その2 ~使用編~

12月21日(日)10時50分
こんにちは。ひろちです。

前回に引き続き、輪行バック

オーストリッチ ロード220輪行袋

ですが、

今回は使用感について書きます。

まず畳んだ時のサイズですが、これは
確かにボトルゲージに格納できるサイズ
でカタログに嘘偽りなしです。

非常にコンパクトで優秀です。

そして、実際の格納ですが、、、
解体作業に慣れていないひろちには
思っていたよりも大変な作業でした。

大きく作業工程を分けると、

①ペダル取り外し
②前輪取り外し
③後輪取り外し
④エンド金具取付
DSCF8421.jpg

⑤フレーム保護
⑥ホイールとボディを縛り付ける
DSCF8419.jpg

⑦輪行バック格納
※⑤はフレームが傷つくのが嫌だった
 ひろちが独自にやった手順です。
 詳細は後述します。

という手順になるのですが、予想通りというか
当然なのですが、手強かったのは③と⑤です。

③はチェーンがスプロケットにひっかかって
なかなかフレームからはずせず戸惑いました。
こつはディレーラーをクランク側に引き寄せて
チェーンをたるませて作業する事と、ギアを
一番外側に予めしておく事くらいかな。

それと、後輪をはずしたら、スプロケット剥き出し
でフレームと当たると傷つきそうなので、軍手
を巻きつけました。これはやっておいた方が
よさそうです。

DSCF8422.jpg


次に⑤ですが、これはひろちオリジナルです。
というのも、どの雑誌やネットのHP見てもホイール
との摩擦等で発生する傷は必ず発生してそれは諦める
しかないとか、書いてあるのですが、、それ見て、

「絶対イヤダーー。ヤダ。ヤダ。ヤダーー!!」

と思って何か無いか探していたんですけど、
ダイソーを物色していたら、カーペットの滑り止めなる
ものがあって、触ってみると弾力と吸着性があって
かなりいい感じ。早速買ってみて、フレームに
巻きつけてみると(固定する物も同じくダイソーで
売っていた電源コード等を束ねるプラスチックの
固定具です)完全にフレームを守ってくれる
素晴らしい緩衝材になってくれました。
DSCF8423.jpg

純正でもこういったものは売っているのですが、
1,000円以上しますし、しかもウレタン等で非常に
かさばります。それに対してこのカーペットの
滑り止めは折り畳めば凄い小さいし重さも軽いので
100円ですが使い勝手は秀逸です。

但し、フレームに巻きつけるのは結構めんどくさ
かったですけどね。。。でも傷はつかずに輸送
できました。

最後に実際に輪行バックを担いで自宅から立川
まで移動してみた感想ですが、、、

大失敗してしまった事があります。

それは行きの電車で埼京線を利用してしまった
ことです。土曜日だと思って甘くみていました。

赤羽から乗車したのですが、大量の人が乗車して
きて満員電車で輪行バックを持つというとんでも
ない事態に発展してしまったのです。

まわりの人からの睨みつける視線に近年感じた事の
無い位の気まずさを感じると同時に、輪行バックが
ありえない位の力で押されるのです。

「うわー。ひろちが悪かったからこれ以上乗ってこないくれー!!」

と心の中で叫びました。必死にフロントフォークに
を上半身でかばうのですが、やはりそこは満員電車
なので、自転車ももみくちゃです。

結果として、自転車はSIX13、CAAD9共に無事だったの
ですが、新宿までの15分程度の乗車は冷や汗ものでした。
普段乗らないルートで行ったのが間違いでした。

輪行での電車乗車はかなり考えないといけないし、
事前にどの位込む電車なのかは絶対に把握しておか
なければならないと深く反省しました。
(ホイールがガンガン当たって痛そうにしていた
お姉さん、、本当に本当にごめんなさい。。。)

総括としてですが、輪行は組立・分解・輸送と結構な
パワーを使います。なので、気軽に輪行という気分
にはなれませんが、やはり電車の移動力を利用しない
といけない場所も多々あるので、どうしても使わなきゃ
ならない時は使うけれど、自走可能な範囲なら使いたく
ないというのがバッグを使ってみての率直な感想です。

但し、それは輪行バック全般に対する感想で、
ロード220という商品は凄い良いと思います。
生地が薄くて問題になるという事は(満員電車
にでも乗らない限り)無いと思います。

値段的にもBUYの判断でOKの商品でした。
購入は大正解でした。

次に輪行バックを使うのは、きっと軽井沢とか那須とか
かなりの遠征の時ですね。

以上、輪行バックの所感でした。

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/21 10:50 ] インプレッション! | TB(0) | CM(0)

輪行バック ロード220 インプレ!! その1 ~購入編~

12月18日(木)23時52分
こんばんは。ひろちです。

先日、出場した東京エンデューロ2008会場への
輸送の為に購入した輪行バックの使用感について
書きたいと思います。

掲題にもありますが、購入した輪行バッグは、

オーストリッチ ロード220輪行袋

定価:7980円

DSCF8418.jpg
DSCF8419.jpg


です。

雑誌名は忘れてしまったのですが、、、
(ファンライドかバイシクルクラブかなぁ。。)

先月か先々月位に読んだ記事で輪行バッグは
軽ければ軽い程よい。そして実際持つときは
取っ手では無く、ちょっとだけ輪行バッグの
チャックを開けてフレームを持てば、バッグ自体
の生地に負荷が掛からない為、薄さは問題無い
との記述を見ており、

後は生地が薄いことによる外部からの衝撃に対しての
問題ですが、よくよく考えると手で持ち運んでいるものに
フレームが損傷する程、強烈に突撃される事は無いので
薄い生地でも問題ないと判断しました。

外部衝撃を考慮するとすれば、飛行機の手荷物として
預けた時が考えられますが、海外空港等で散見される、
手荷物をぶん投げているあの従業員の姿を思うと、
ナイロンがちょっと厚くなった程度では到底解決できる
問題では無いのでそれは今回の購入する袋の役割とは
切り離して考えた次第です。

なので、わざわざオーストリッチ ロード520輪行袋
の様な頑丈な輪行バッグは不要であり、軽量で
持ち運び重視であるロード220の選択に至ったわけです。

次回、実際に格納してみた使用感と輸送してみた感想
を書いていきます。

単刀直入に言うと輪行はそう簡単なものでも無いという
事です。。。涙

輪行バック購入検討車必見!?笑
次回、乞うご期待!!
(年末で仕事やら忘年会やらで帰宅が遅い傾向があり、
更新が遅くなってしまうかもしれませんが何卒ご容赦下さい。
かたじけないです。)

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/18 23:52 ] インプレッション! | TB(0) | CM(0)

それぞれのプライド ~負けたくないんだっ~

12月16日(火)21時56分
こんばんは。ひろちです。

東京エンデューロ2008も無事に終わって、
気持ちだけはロードバイク乗りになれたような
気分のひろちです。

さてさて、今日は河川敷走行と東京エンデューロでの
集団走行で「とある法則」に気づきまして、それが
中々面白いので書きます。

ひろち自身も自転車はママチャリからロードまで段階を
ふんで乗り継いでいるので実際に経験しています。

その法則というのが、、

■とある法則
①ママちゃり<クロスバイク<ロードバイク
②女性ライダー<男性ライダー

自分より小なりの相手に抜かれるとイラっ!
抜き返したいっ!って思ってしまうこと。

です。(しょうもない話です)

■ひろちが想像する各人の心の声
<ママチャリ + 負けん気が強い人>
良い自転車に負けたく無い。
機体の性能が勝敗を分かつ絶対条件では無い!
死ぬ気で食らいつくぜ。
オラオラ!ランス直伝!高回転ペダリングっ。
うっ!?ペダルが重いっ・・・!

あ。。抜かれちゃった。。グスン(涙)

<クロスバイク>
ママチャリに抜かれるのだけは納得いかん!
抜かれたたら抜き返す!許せん!舐めおって!!
ほら。すぐ追いついた。ウフフ。自分って凄い♪

あっ!?後ろから高速に接近する機体が!?
ピュ~~。抜かれちゃった。。グスン(涙)

ちきしょー(涙)ロードバイクの奴らずるいぜ。
俺もあの機体さえあれば、、、

<ロードバイク>
昨日、国道6号で意味が判らないGIANTのクロスバイク
ずっと付いてきてうっとしいかったよー。必死の形相
だったけど、さくっとチギッちゃったよ。はは。

<男性ライダー>
女性に抜かれたっ。流石にまずい。
抜き返さんとカッコつかん。
涼しい顔で抜き返すべしっ!。
ふぅ。。。一安心。

<女性ライダー>
ちょっと前の人、遅いよー。
すみませ~ん。横から失礼。
あれ?今度は早くなってる。
もー。毎回このパターンだよ。
失礼しちゃう!プン!プン!

■法則立証の為の各人の証言
<ひろち妻の証言>
東京エンデューロでは男性を抜くと急に早くなって
抜き返してくるから抜いたり抜かれたりで大変でしたっ!
女性だからって馬鹿にして~。
マイペースで走って下さいっ!

<エンデューロに一緒に出場したY氏の証言>
当日、サス付きのクロスで出場して辛かった事が
2つありました。1つはその性能面で巡航速度を
高速に保つのが死ぬほど辛かった事。足つったっす。
もうひとつはロードを抜くと相手が凄い勢いで追っか
けてくることっ!!なんなんだよっ!?(怒)

■総括
なんだかんだで皆それぞれのプライドが
あるんです。負けたくないのですっ!

■ちなみにKING OF BIKEは?
ロードより速いママチャリ乗車の女性ライダー

もしいたら都市伝説になりそう(笑
そんな女性に後ろつかれたら本当に脅威だろうなぁ。
想像しただけで恐ろしい。。。

今日はしょうも無い話でした。

次回、乞うご期待!!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/16 21:56 ] 自転車雑感 | TB(0) | CM(0)

感動 その2 ~12/13 東京エンデューロ2008~

12月15日(月)01時00分
こんばんは。ひろちです。
前記事の続きです。

①集団走行のメリット
活字での知識では良く知っていましたが、実際に体験して
まるで疲れ方が違う事に驚きました。集団から離れたその
瞬間からもの凄く辛くなります。

②自分の実力と位置
当日は実業団の選手(チームマトリックスやコラテックの選手達)
も沢山きていて、その人たちのスピード早いこと!!
ひろちもその集団の尻尾についていったのですが、
時速40km巡航に耐え切れず半周でちぎれてしまいました。
ロード経験は浅くても体力にはそれなりの自身はあったの
ですが、あまりのレベルの違いに愕然としました。
まぁ当たり前といったら、あたりまえなんですけど。。

まだまだ鍛える余地はありそうです。

③イベント会場で出展しているSHOPは激安
ODBOXという御徒町にあるSHOPが出展したたんですが、
ちょっとこの値段なんですかっ!?っていう位、
安い値段でサイクルパーツやウェアが買えました。
ひろちもキャノンデールのウェアをほぼ7割引位
で購入。どうなってんだこりゃ?

④SIX13の実力
購入後、こんなに一生懸命走ったのは初めてでした。
実業団についていっていた時は時速40km程度で走った
のですが、実に伸びやかに進む感じで車体の振動も
少ないですし、驚く程快適でした。
しかもそのスピードで数分間持続して走れる事にも
喜びを感じました。買ってよかった。。。
(クロスバイク時代に40kmというのが、
雲の世界の話である事を購入秘話1話書いています)

⑤サイクリングイベントの楽しさ
先週、東京シティサイクリングの事をボロクソに書きましたが、
このイベントはまるで違っていて、本当に素晴らしかったです。
クリスマスの歌が流れて会場も本当に明るい雰囲気でした。
また順位がつくというのに多少の抵抗はあったのですが、
これがまた燃える燃える。電光掲示板に大きく順位が載るの
ですが、やっぱり勝ちたいと思って頑張ってしまうのです。
チームでそれを共有する楽しさも格別でした。

■マトリックスやチームコラテックのゲスト皆様
DSCF8411.jpg

いやぁ、これを期にこういったイベントにははまって
しまいそうです。とりあえず来年も絶対参加します。

東京エンデューロ最高っ!!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/15 01:00 ] サイクルイベント | TB(0) | CM(6)

感動 その1 ~12/13 東京エンデューロ2008~

12月15日(月)00時39分
こんばんは。ひろちです。

土曜日は東京エンデューロに参加してきました!!
DSCF8354.jpg

率直にこのイベントの感想ですが最高でしたっ!

こういった記録を競いあうようなイベントは初めての
参加でしたが、本当に楽しくてまるで学生に戻ったような
気持ちでした。

ひろちは「男女混合 4時間の部」のエンデューロに出場
していました。

メンバーはひろちとその奥さんと親友Y氏の3名編成っ。

■チーム編成と装備(笑
ひろち:キャノンデール SIX13
ひろちの奥さん:キャノンデールCAAD9
Y氏:ビアンキ CIELO

Y氏はサス付きのクロスバイクで、ちょっと心配でしたが、
彼には男女混合出場のゼッケンを付けている人に抜かれたら
絶対抜き返すという厳しい規則を設けて、気合で乗り切って
もらいました。
(ちなみY氏は足がつってました笑)
DSCF8344.jpg


結果は、52チーム中17位の快挙!!上位3分の1に入れた!

■途中経過時の順位が映し出された電光掲示板(この時点では16位)
DSCF8372.jpg


■チームゼッケン(うちはウルケルです)
zekken.jpg


ヤッタ~!!

ロードバイクに乗り始めて2ヶ月にしては上出来と
いえるのかな。。。?

ひろちも映画スピードではありませんが、
35km以下で走ったら、自転車が爆発すると
思い込んで死ぬ気で漕ぎ続けたんですよ。

今回のイベントは本当に勉強になる事がいっぱいありました。

長いので、記事を分割します。。
次のページへ。


↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/15 00:39 ] サイクルイベント | TB(0) | CM(0)

TOKYOエンデューロ出陣 ~

12月12日(金)22時28分
こんばんは。ひろちです。

明日はTOKYOエンデューロです。

ロードバイク初心者が恐れ多いのですが出場しちゃいます。

前年の上位は4時間で5kmの周回コースを31周もしているようです。
つまり、155km/4時間 なので、、、、

4時間を時速38.75kmで走りっぱなしってこと!?

TOKYOエンデューロ2007年記録

早すぎる~。この記録は異次元です。

少なくとも秋に参加したTOKYOシティサイクリングとは
全く違うイベントなのでしょう。

武者震いです。

いつも長文のひろちですが、今日ばかりはコンディションを
整える為、短めに切り上げます。

次回、レポートをお楽しみに!!

↓ブログランキング現在10位以内で奮闘中です。
  ポチっとクリックをお願い致しますっ!!

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 




[ 2008/12/12 22:28 ] サイクルイベント | TB(0) | CM(0)

悪夢回想 その2 ~東京シティサイクリング2008~

12月12日(金)00時12分
こんばんは。ひろちです。

前回の続きを書きます。

ひろちの嫌な予感は当たる事となりました。

2000人という人数は交通規制をしていない公道に
放つにはあまりに多すぎました。。。。

スタートするだけでも、全員が都庁を出るのは
1時間以上かかったと思います。

もっとひどかったのは、公道に出てからです。
交通整理を行っていない道路に放たれた
大量の自転車は「大渋滞」しました。

DSCF7746.jpg


それは「爽快」とか「颯爽」という言葉とは
かけはなれたもので、参加者の愚痴と怒りが
至るところから聞こえてくる、大変痛ましい
状況になったのです。

しかもコース設定も無理があり、お台場方面への
コースは昼位で封鎖されて強引にショートカットを
強要されます。

これが、自転車が漕ぐのが遅かった結果、正式な
コースを走れなったというのなら納得もいくのですが、
要因はスタートが渋滞で遅れて、走り始めて渋滞で進めず、
結果時間アウトでコース走れずです。

これには流石にひろちも怒りを隠せませんでした。

完全に企画倒れのひどい、ひどすぎるサイクルイベントでした。
折角、ブログを書いているので来年度の計画立案時に、
こういった意見を参考にして頂きたいものです。

来年度は、

①2車線や3車線の公道は1車線を自転車レーンとする
②①が無理なら、2000人で快適に都内を走るのは不可能なので、
 08年の失敗から、適性人数を割り出して参加者を制限する。
③スタート地点に最後に出発した人でもキチンと普通に走れば、
 通常コースを完走できる設定をする。

以上の事だけは守って頂きたいものです。

ブログを読んで下さった方は、来年この大会に参加される時は、
08年の問題点に対策が打たれたかを確認して参加される事を
オススメします。

もし今年と同じならば、絶対に参加してはいけません。
間違い無く、世界3大ガッカリサイクルイベントです。

でもコンセプトは素敵なので、是非都庁で働いている皆さんには
しっかりと企画・立案をして素晴らしいイベントに成長させて欲しい
というのがひろちの願いです。頑張ってください。

あ。。。ちなみにひろちは土曜日にコレに出場します。

人生二度目のサイクルイベントです。
真ん中より上になれるのだろうか。。。
週末ご報告ですっ!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 



[ 2008/12/12 00:12 ] サイクルイベント | TB(0) | CM(2)

悪夢回想 その1 ~東京シティサイクリング2008~

12月11日(木)00時06分
こんばんは。ひろちです。

ひろちがまだエスケープR3でブイブイ言わせていた頃のお話です。
(ロード先輩達から見ればむしろプイプイ言わせてる子供みたい
に見えていたのかもしれません。。。)

08年9月、エスケープを購入してから約2年の月日が流れていました。
クロスバイクでありながら、毎日片道20km弱の通勤を続けたおかげで
週末には70~80kmの距離を走れるようになっていて、自信も
ついていました。

そういう背景の中、雑誌を読んでいると、

「東京シティサイクリング2008」
logo.gif
bg_index.gif


の文字が飛び込んできました。

ひろちは自転車は個人で楽しむに留まり、こういった
イベント参加をした事は一回も無かったのですが、
開催の趣旨を見てみるとレース等では無く、都内を
颯爽と楽しく走るとのこと。

これならクロスバイクだって楽しく走れるはず!
と思ったひろちは早速親友のY君と嫁に声をかけて、
一緒に参加する事にしました。

全員エスケープだったので
お揃いでいいねー。なんて事を話しながらこの大会の事を
心待ちにしていたのです。

そして待ちにまった当日。
新宿都庁前が集合場所でした。

そこで目にしたのは、、、

人、人、人、ひとーーーー!!なんじゃこりゃーー!!
DSCF7718.jpg


昨今、サイクリングブームというのは私も
知っていましたが、ここまで参加者が集まる
というのは想定外でした。確か2000人近い
参加者だったと記憶しています。

この時点でひろちは嫌な予感が、、、

続く、、。

次回は、東京シティサイクリング2008が
どのようなイベントだったかを書きます。

東京都の偉い人にこのブログを見て欲しいです。

次回、乞うご期待!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/11 00:06 ] サイクルイベント | TB(0) | CM(0)

温泉のススメ その2 ~SAKURA 東京巣鴨の極上癒し温泉~

12月10日(水)00時00分
こんばんは。ひろちです。

今日はあいにくの雨で、しかも傘を持っていなかった為、
びしょびしょになってしまいました。冬の雨は寒くて嫌ですね。

さて、前回のご紹介した都内の温泉ですが、改めて調べてみると
実にたくさんの温泉がある事に驚きました。

まず、ひろち自身がいつもお世話になっている温泉ですが掲題の
サブタイトルにある駒込のSAKURAという温泉です。

天然温泉SAKURA

値段も1,000円ちょっとで、非常に綺麗な作りで泉質も良く、
しかもジェットバス(腰・尻・太ももに当てると最高)やサウナも
ある為、長距離走った後の体には最高です。

私見ですが、ロードバイクを始めとして自転車に興味が強い
方って理系やエンジニアの方が多いような気がします。

でも理系やエンジニアの方ってあんまり風呂で楽しむって
事はしない気がするんですよね。(ひろちの周りだけ?)

だから自転車に乗って、帰って風呂屋(出来れば温泉)に行く
というライフスタイルを持っている方は少ないのでは?

しかし!それはもったいないです!!
自転車の後の風呂は本当にいいですっ。

特にSAKURAは2Fがリラクゼーションルームになっていて、
あったまった体で文庫本をのんびり読んでいると休日の
ありがたさを痛感できますし、程よく疲れた体の具合が程よい
スパイスにもなります。

1,000円でこの至福の時を得られるので、ひろちは
かなり気に入っています。きっと今週末も行くと思います。

この記事を書くにあたって、東京都内に他にどんな温泉が
あるのだろうと思って、ちょっと調べてみましたので、
もし良かったらご参考に。
※ひろちは2000円以上する風呂屋は日常的でなく、
 遊園地みたいなものだと思うので除外してます。


水月ホテル鴎外荘[根津]
http://www.ohgai.co.jp/spa.html
1,500円


天然温泉 保木間の湯じゃぽん[竹ノ塚]
http://www.japon-onsen.com/index.html
800円

THE SPA 西新井[西新井]
http://www.central.co.jp/thespa/nishiarai/index.html
900円~1,200円

大谷田温泉 明神の湯
http://www.dormy-spa.com/myoujin/
900円~1,200円

板橋温泉スパディオ[板橋本町]
http://www.spadio.com/charge.html
1,260円~1,680円(会員価格)

前野原温泉 さやの湯処[志村坂上]
http://www.sayanoyudokoro.co.jp
800円~1,000円

高井戸天然温泉「美しの湯」[高井戸]
800円~1,200円
http://www.nafsport.com/utsukushi/index.html

THE SPA 成城[成城]
http://www.central.co.jp/thespa/seijo/index.html
1,260円~1,670円

瀬田温泉 山河の湯[二子玉川]
http://www.setaonsen.co.jp/
2,300円
※ここは2000円以上ですが別格とのことでしたので
 リストしました。行ってみたいです。
※記事掲載日時点で調べた情報です。

いやはや、結構あるもんですね。
調べてみて驚いちゃいました。

特に以下のリンク先は情報満載です。正直、ここのリンクだけ紹介
すれば良かったかもしれませんね(汗)
http://www21.ocn.ne.jp/~spa-mich/todofuken/tokyo/tokyo.htm

こちらの管理人さんは素晴らしい方ですね。
こういうサイトは本当に凄いと思います。

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/10 00:00 ] ライフスタイル | TB(0) | CM(0)

温泉のススメ その1 ~SAKURA 東京巣鴨の極上癒し温泉~

12月08日(月)23時50分
こんばんは。ひろちです。

昨日位から急速に温度が下がってきて、
いよいよ冬がやってきているんだなぁと
感じると共にもう暮れかと思うと、
年年歳歳、時の流れが早くなっている事を
痛感します。

昔、父と母が、

 「もう暮れだねぇ。1年もあっという間だね」

というセリフを思い出します。

・・・へックション!ブルブル・・!!
あー。寒っ。


さてさて、今日はロードバイクやクロスバイクでの
ツーリングと、ある物を組み合わせて休日を過ごしま
すと最高の気分が味わえますというお話です。

というのも最近、ひろち自身がはまっており、一週間の
仕事のストレスやサイクリングで溜まった疲れが
一気に吹き飛んでしまい、絶大な効果を感じている
からです。

そのある物というのは、勿体付けておきながら、
タイトルにもなっていますし、ベターすぎて恐縮
なのですが、、(笑)

それは、「温泉」です。

はっ?そんなもん誰だって入りてーけど、
んなモン、東京にねーだろーがっ!

・・って思った方、ちょっと次回まで待ったです。

次回以降は、温泉につかる事によってロードバイク
の楽しみがより一層素晴らしいものになる事を書いていきます。

次回、乞うご期待!!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/08 23:50 ] ライフスタイル | TB(0) | CM(0)

ロードバイク購入秘話 ~あとがき~

12月07日(日)20時23分
ロードバイクを購入してブログをはじめるに当たって、
まず書きたかった事がこの購入秘話でした。

⇒購入秘話の第1話から読まれる方はこちら

理由はいくつかあるのですが、まず私と同じようにクロス
バイクを買って、ロードバイクに乗り換えたい。もしくは
いずれはロードに。と思っている方々がたくさんいらっし
ゃると思いました。
※クロスバイクの走行中にロードに抜かれるのって、なんか
 悔しいですもんね。絶対そう思うのは私だけでは無いと思
 っていました(笑

そして、ロードバイクを購入したいと思っても、近くに相談
できる方が居なかったり(特に地方の方なんでそうなんじゃない
でしょうか?私の実家は千葉県柏ですがロードのショップなんて
そうは無かった気がします)して、情報が得られなくて困っている
方・欲しいけど購入までなかなか踏み切れない方がいる
と考えました。

そういった方々に、私自身のロード購入までのプロセスを
開示する事で多少なりともお役に立てるかもしれないと
考えたのが購入秘話を書いた理由です。

そして、購入前に一番疑問に思っている事は、(想像ですが)
高いお金を支払って購入するロードバイクは今所有している
自転車(クロスやMTBやママチャリ)とそんなに違うのかという
事でしょう。

この疑問には解答があります。まだ購入後300km弱しか
乗っていませんが、ロードバイクは明らかに違います。
先週、120km程の走行をしましたが、クロスバイク(私の場合
エスケープR3)とは別次元のペダルの軽さです。

35kmというスピードがこんなに軽いペダリングで出るのか
と驚きました。

迷っている方がいらっしゃるなら是非とも購入をオススメします。

結局、まとまりも無く、10記事も使用してしまいましたが、
これからロードを購入しようと思っている方の一助になれ
ているならばブログを設立した価値があったというものです。

おかげ様で設立2週間でロードバイクランキングも10位
近くまで上昇する事ができました。

今後も走行日記やバイクと一緒に買った小物のインプレ等を
予定しており、記事の充実と長期継続を目標としていますので、
是非とも応援宜しくお願い致します!!

ランキング上がると、もの凄いやる気がでますので、
ポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 




走行日記 ~ツール・ド・ダブルリバー~

12月06日(土)21時16分
SIX13を購入して3度目の走行です。

今日も先週と同じく、関宿へと思ったのですが、
朝をダラダラ過ごしてしまって11時の出発となって
しまったので、急遽コースを変更。

■ルート
自宅⇒明治通り⇒国道6号⇒松戸⇒江戸川CR⇒
江戸川CRスタート地点(市川)⇒行徳⇒浦安⇒
荒川CR⇒江北橋⇒王子⇒明治通り⇒自宅


本日は妻も一緒なので、60km程度の行程です。

<初めて来ました江戸川CRのスタート地点>
結構なんて事ないんですね(笑)
DSCF8300_2.jpg


<自宅到着寸前の荒川CR江北橋付近>
何度も通ったはずなんですが、夕焼けだと綺麗でビックリ。
DSCF8323_2.jpg
DSCF8318_2.jpg



<コース総括>
■GOOD
①2つの川を走れて、荒川と江戸川の景色の
 違いを体感できる。

■BAD
①江戸川の新葛飾橋~江戸川大橋(左岸:海を見て左側)

 いやぁまいっちゃいました。
 新葛飾橋から上流までは行った事が無かったのですが、
 こんなに道が悪いとは、、、

 砂利道は走らなければならないし、とてもCRとは思えない
 箇所もちらほら。オススメはできません。

②行徳橋~荒川CR
 うーん。やっぱり交通量が多い公道はビンディング
 ペダルだと怖い。救いは2車線であること。
 でも路上駐車も多いし、道路幅に余裕があるとは
 いい難い。
 
③ストップ&ゴーで停止や原則しなければならない
 箇所が多い。


■点数(10点満点)
4点

2大リバーを走れると思ってのコース選定でしたが、
正直イマイチでした。

江戸川は新葛飾橋からだったら、確実に
上流を目指したほうが良いです。先週の
イメージだったので差に愕然としました。

また、行徳~新浦安区間は交通量が多く、
時に怖い思いをします。

残念ながら、川を2つ走るよりは、江戸川なら
関宿を目指し、荒川なら上尾を目指すというように
一つの川で走ったほうが遥かに走りやすいです。

でもクロスバイクなら楽しいかも。。。



■本日の走行データ
<行程>
自宅⇒明治通り⇒国道6号⇒松戸⇒江戸川CR⇒
江戸川CRスタート地点(市川)⇒行徳⇒浦安⇒
荒川CR⇒港北橋⇒王子⇒明治通り⇒自宅

走行距離:61.41km
平均速度:22.1km
最高速度:45.9km
走行時間:2:46:15
積算距離:270.8km

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/06 21:16 ] 走行日記 | TB(0) | CM(2)

キャノンデール SIX13ヒストリー

12月06日(土)01時05分
以前、mixiで掲載した内容ですが、少々手を入れて当ブログでも掲載します。
非公式ですが、入手可能な雑誌や米国のwiki等を参考に書いています。

<CannonDale Six13>
six13.gif

Six13は2000年初頭、世界最高峰のアルミフレームを作っていた
キャノンデールが初めてカーボンを使用した記念すべきバイクです。

同社は世界最高峰のアルミフレームCAADシリーズで業界で
確固たる地位を築いておりましたが、2000年以降は徐々に
カーボンがフレーム素材の主役に移り変わってきました。

CAADシリーズはアルミでありながら、大口径化したフレームに
肉薄アルミを使用して、アルミでは考えられないほどの軽量化と
シートステイをアワーグラス(砂時計)の形にしてリアタイヤ
からの衝撃を大幅に軽減する技術を擁しており、当時のほぼ主要な
カーボンバイクよりはるかに衝撃吸収性が高くアルミならではの
フレーム剛性の高さで十分な性能を持っていました。

このような背景の中、カーボンを使用したキャノンデールの
次期主力フラグシップバイクの開発がスタートしました。

同社は試行錯誤の末にまだまだ開発実績も無く、未成熟な
カーボン加工技術で全く新規のフルカーボンバイクを作る
よりも今まで培ってきたアルミ技術をベースとして、カー
ボンを使用した方が有益と思われる箇所のみカーボン素材を
使用するというアルミとカーボンのハイブリッドという手法
での開発を選択します。

当時、ハイブリッド開発は他社でも行われていましたが、
Six13はそれまでの開発概念を覆すような画期的な手法が
とられています。自転車のフレームには前三角と後三角が
ありますが、これまでの工業習慣では「カーボン=衝撃吸収性」
という事で後三角のリアステーにカーボンを使用するという
のが一般的だったの対して、Six13では前三角にカーボンを
使用しています。

推測ですが、これはアルミで培ってきたアワーグラス型の
リアステーに同社が絶対的な自信を持っていた事を伺わせます。
恐らく当時の技術で作るカーボンステーよりも性能が
上だったと考えます。

Six13はこの画期的な設計により同種の同業他社が作成する
カーボンハイブリッドバイクと比較して大幅な軽量化を
図る事が可能となりました。

比較的に口径が大きくなり重量がある前三角には軽量なカーボンを
使用し、細い口径の後三角にアルミを使用する事によって超軽量
かつ極めて高い振動吸収性(前からの衝撃はカーボン・後ろから
の衝撃はアルミアワーグラス)を持つフレームが完成しました。

ロードバイクには6.8kg以下のバイクは公式なレースでは
使用してはならないとの規則がありますが、このSix13
はレースの実用に耐えうるバイクとしては初の6.8
kgちょうどの重量のバイクとなりました。
※実は前年にスコットのCR-1が6.8kgを達成していますが、
 グランツールの活躍度がSIX13に劣るので実用に耐えうる
 という意味では初めてと表現しています。

開発に約2年もの歳月を費やし、その間、18ケ月にもわたって、
試乗テストを繰り返してきたキャノンデールの全ノウハウを
注ぎ込んだ傑作と言われるSix13。

2004年に衝撃のデビュー後、数多の賞賛と多くの大会のステ
ージを制して、そして今年度、、、その多くの名声を残し、
Six13はキャノンデールの来期2009年ラインナップから姿を
消しました。
(これはカーボン製造の技術が向上しハイブリッドである
必要性が無くなってきた上、カーボンとアルミの接合は
非常にコストがかかるからと言われています)

技術的な流れでいえばアルミからカーボンへの移行時期に
作られた過渡期のバイクなのでしょう。

しかし、その時に選択できた最良の組合せを考え抜いて
作られたこのバイクは決して間に合わせで作られたものでは
無くエンジニアとテストライダーの魂が込められた素晴らしい
工業製品であり、キャノンデールの中でもカーボンへの転機
となった記念すべきモデルであると言えるでしょう。

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/06 01:05 ] SIX13 | TB(0) | CM(0)

ロードバイク購入秘話 最終章 ~ついに出会えたねSIX13 2~

12月06日(土)00時29分
~前文からの続きです~

「SIX13ってご存知ですか?」

J8Sixred_b.jpg


「ジロ・デ・イタリアやツールで大活躍したバイクでCAAD9より軽くて
カーボン仕様だから乗り心地も凄い良いバイクです。しかもホイールも
MAVICで凄い良く進むバイクです。でも215200円だから、ちょっと足が
でちゃいますね。。」

その後も色々と話を聞くと確かに凄い。

カーボンとアルミのハイブリッドで、コンポーネントも
105が基本でリアディレーラーについてはアルテグラ。

ここまで全くを持って、ノーマークだったSIX13。
しかしながら、聞けば聞くほど。見れば見るほど良い。

だが、今まで苦労して絞ってきた前述の候補2台。
今、いきおいでSIX13で即決する訳にいかない。

「すみません。明日までに回答するので、在庫を抑えて
 おいてくれませんか?」
 
店員さんは快くOK。

ひろちは自宅に帰って、SIX13について早速情報収集。
英語版のwiki等の海外情報もチェック。
すると良い話が出てくる出てくる。こりゃいいんでねーか?
少なくとも今まで、候補にしたバイクに比べると扱いが全く
違う。同じ20万前後でもフラグシップ臭がプンプンするのだ。

そしてついに決断します。

「決めた!!ひろちの愛車はSIX13にしよう!」

慎重に妻にも20万は超えるけど素晴らしいバイクだと伝える。
結果、問題無し。彼女は早くひろちもバイクを買って、ツーリング
をしたいらしい(笑)

翌日、何も障壁も無くなり自分の選択基準も全て満たして
SIX13を購入しました!!

随分と長い道のりでしたが、本当に良いバイクが買えた
とひろちは今でも本当にそう思いますし、ここまでして
選んだからこそ、この購入秘話を書けたし、自分のバイクに
並々ならぬ愛着が沸いているんだと思います。

もしロードバイクを買おうと思って、このブログをここまで
読んで下さった方がいらっしゃるなら、やっぱり納得が行く
バイクを選んで頂きたいと思います。きっとそうする事で、
買ってからも大切に長くのってあげられると思います。

SIX13に乗って出かける事は

「ただメタボのためでなく」

なのです!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


ロードバイク購入秘話 最終章 ~ついに出会えたねSIX13~

12月06日(土)00時22分
ロードバイク購入秘話もその7まで来てしまいました。
長いこと続きましたが今回で最終章となります。
長文続きの文章にお付き合い下さってありがとうございます。


ついに、妻に先を越されてロードバイクを買われて、
いよいよひろちも買うバイクを決断しなければと
感情を高ぶらせていました。

現状、候補バイクは以下の2つ。

TREK2.3
GIANT TCR ALLIANCE

どちらを買っても満足できるはず!

ひろちは都内を自転車でサイクリングしながら、
今日中に決めようと思っていました。

行き先は、

TREKなら、六本木のTREKショップ
GIANTなら、晴海のセオサイクル

です。

ところが御茶ノ水付近でふとワイズロード御茶ノ水が
目に入ってきました。

もうこれ以上、色々見ても迷って疲れるだけだから・・・と
思ったのですが、、きっともしかしたらという期待の気持ち
もあったのでしょう。店内を覗く事にしました。

この店はワイズロードの中でもとりわけロードやトライアスロン
に強い、プロ志向の店で1Fには完成車だけではなく所狭しと
フレームやホイール等のサイクルパーツが並んでいます。

ひろちは2Fの完成車コーナーに向かい、在庫している自転車を
見ました。20万円クラスはコルナゴやピナレロ。またCAAD9
が置いてありました。

ひろちは経験豊富そうな店員さんに、素直に聞いてみました。

「すみません。20万の予算で買える自転車でオススメって何でしょうか?
私は今、TREK2.3とTCR ALLIANCEを考えているのですが・・・」

「TREK2.3はそつの無い良いバイクですね。良い選択だと思います。
GIANTは良いんですけどやっぱりね・・・」

おいおいやっぱりってなんだよ。やっぱりなのか!?
いいと思うんだけどなぁ。GIANT。

「それ以外で何かありますか?」

「正直、CAAD9-5が断然オススメです。しかも今なら昨年モデルが20%引きです。」
http://www.jitensya.co.jp/

やっぱりそれかい!!と心の中で突っ込みをいれつつも、どこ行っても
そう言われるCAAD9って凄い。やっぱりキャノンデールなのか!?これだ
けどの店でも言うなら売れ残りを無理に売りたいという感じではなさそう。

確かにCAAD9-5は良い。コンポーネントも105の10速仕様なので、
気にしていた拡張性も問題ない。レースでの実績もある。
ひろちの選択基準を全て満たす。

しかも239000円の20%引は191200円で予算も収まる。

ひろちは意を決して、

 「CAAD9-5のリクイガスカラーで54があれば今日買って帰ります!!」
caad95_liq_1.jpg



 「全店在庫をすぐお調べします!!!」

・・・・

「あー。すみません。54は無いっすねー。
 つい先日まであったんすけどね。。」

くっ!?つくづくCAAD9とは相性が悪い。。。

落胆しているひろちを見て、店員さんは、

「・・・20万ちょっと出ちゃってもいいですか?」

ん?何かあるのか?

~長文の為、記事を分割します。続きは次のページにて~

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 

ロードバイク購入秘話 その6 ~キャノンデールってどうよ2!?~

12月04日(木)20時42分
~前文からの続きです~

しかも、ひろちが目にしたのは、昨年モデルの35%引!!
なんと12万以下での値段です。これは飛びついてしまうのも
無理はありません。

早速、会社帰りに足早に浅草のショップに足を運びました。
在庫を聞くと52のホワイトと48のピンクの
在庫があるとの事!

う・・ちょっとやばいと思いつつ、サイズ測定を
してもらいました。ちなみにひろちは177cmで74kgの
ちょいメタボです。

結果、CAAD9における適正サイズは54サイズとの結果がっ!!

たった2cmなので、なんとかならないかと相談しましたが、
大変正直で誠意ある店員さんは、「ステムやサドルで調整する
という手はあるけれども、原則ロードバイクはフレームサイズが
合わないバイクは買わない方が良い。オススメはしない」との
こと。

ちょっとお兄さん、商売っ気がなさすぎるよー。

でも結果として考えれば本当に親身な方だったと思います。
店員さん自身も昔はかなり乗っていた方らしいので、
経験から的確なアドバイスをくれたのだと思います。

泣く泣く、CAAD9の格安購入を諦めましたひろちでしたが、、

実は私の妻もロードバイクを探していたので、
48ピンクのCAAD9は妻がジャストサイズで購入する事に
なりました。妻はいかにこれがお買い得な買物だった
かいまいち理解していませんでしたが、アルミバイクの
最高峰と誉れ高いCAAD9は妻の所有物としてめでたく
我が家の一員となったのです。

■妻の愛車 CAAD9
caad9pin.jpg



またもや購入を後ろにずらしてしまったひろち。
11月はロードバイクの事で週末が消えていました。。。

ひろちの愛車は一体何処に、、、。

■この時点での頭の中
天使:やっぱり20万で収まって10速仕様かつハイブリッドカーボンのGIANTだよー!
悪魔:でもやっぱりネームバリューでTREKやキャノンデールが欲しいんだろ?
   ロードはコストパフォーマンスじゃないわけよ。走る喜びだろーが。走る喜び。
天使:でもTREK2.3は25万近いし、、、
   奥さんの倍もする自転車買ってまずいよ。
   絶対揉めるよ!!
悪魔:けっ。小さい男だな。ベンツ買うわけじゃあるまいし、ビシッっといけよ!
天使:うっ・・・。確かに車買うと思えば安いよね。。。長く使うし。。

こうして、予算オーバーも辞さないかもしれないという事が
頭によぎりつつ、、、

次回はいよいよひろちとSIX13との出会いです。

six13.gif


購入を決断するに当たって、SIX13の歴史を調べられる限り、
調べて文章にしたりもしたので、(当然非公式です)それも
合わせて公開したいと思います。

次回、乞うご期待!!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 

ロードバイク購入秘話 その6 ~キャノンデールってどうよ!?~

12月04日(木)20時32分
CANNONDALE。

logo_cannondale.gif


「HANDMADE IN USA」

と威風堂々とフレームに書いてある通り、アメリカ内に
自社製造工場を持ち、米国内の自社生産に拘っている
メーカです。

アルミフレームの技術に長けており、アルミづかいの技術は
業界最高峰である事は多くの方が認めている事実であります。

「購入秘話 その2」でも書いたように、キャノンデールの
素晴らしい所はフラグシップモデルを次のフラグシップモデルが
出たのをきっかけにして、そのモデルを1ランク落として、性能
そのままで(多少手が入れられてしまう場合もあるようですが)
価格帯を落とす事です。
※ホイールとかコンポーネントはもちろん値段が下がれば
  グレードは下がります。あくまでフレームの話です。

例えば前回書いたTREKで考えれば、あの03年にランスが乗っていた
マドンは当時は100万円クラスですが、08年なら20万以内で購入可能
となっているようなイメージです。

これは我々の様なホビーユーザーには大きなメリットです。

大手メーカーのフラグシップモデルにはその時のトップライダー
が乗っており、数々の実績と感動がついてきます。

時を経たとしても、それらを手にする事は、自分のバイクは
乗る人が乗れば、グランツールやツール・ド・フランスだって
勝てるバイクなんだという愛車への深い信頼感が生まれる訳です。

他の多くのメーカーのように決してエントリー層をターゲットにして、
エントリー層の為に、エントリー的な技術で設計したものではない
です。その時、その時の最高の技術を投入して作成したモデルが
型落ちとなってエントリー価格で購入できるのがキャノンデールだと
思います。

そういう意味でCAAD9なんかはその最たるバイクであると
言えるでしょう。

アルミバイクの大御所が実に9回ものバージョンを経て改良
を続けてきた熟成に熟成を重ねた名バイクと言っても良いのでは
ないでしょうか。

~長文の為、記事を分割します。続きは次のページにて~

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 

ロードバイク購入秘話 その5 ~TREKってどうよ2!?~

12月04日(木)00時22分
前回のTREK編の続きです。

重複となりますが、

ひろちは実物見たさと専門家の意見を聞きたく六本木のTREKストアに
足を運びました。そのTREKストアは今まで見てきた自転車ショップとは
大きく違い、六本木ヒルズの一角にモダンなまるでアパレル関係のフラグ
シップショップの様な佇まいのお店です。

店員さんも明らかに町の自転車屋さんとは違い丁寧でキチンとしています。
高級外車のディーラーみたいな感じです。未だに自転車のお店であれ以上の
接客を受けた事はありません。

その中でひろちは2.1について聞いてみました。

店員さんのやりとりと実際の自転車に触って判った事は、

■良いこと
①アスタナカラーと公式に謳ってはいないが、実際アスタナカラー(笑)
 そして今年の一番人気のモデルであり、売れている。
 ようするにカッコいい!
②初心者が自転車を始めるのには丁度良いSPEC
③素材こそアルミだけど、マドンで培った設計技術が活かされている
④フロントフォークとリアステーはカーボン
⑤TREKに乗る喜び♪

■悪い事
⑥TIAGRA9速仕様で今後の拡張性に乏しい
⑦ホイールがシールドベアリングでなく、メンテナンスが必要
※メンテは結構お金がかかるそうです。
⑧意外に重い

そして、一通り話を聞いて思った事は、、、

ん?この自転車はちょっとセールスポイントが少ない・・?
2.1ってもしかして無難すぎる・・・?

そういえば、昨年モデルのインプレッション
http://www.cyclestyle.net/impression/vol_22.html
でも無難的な事が書かれていました。

TREKのブランドとデザインを見て舞い上がっていたひろちですが、
冷静に考えて、TREKで自転車を買うならば2.3以上でないと
まずいという考えに至りました。

■2.3
2_3.jpg


店員さんのオススメも2.3を断然勧めていました。
理由は、⑥と⑦に関係する所です。

2.3は105基本仕様でリアディレーラーについてはアルテグラです。
また店員さんの話では、Bontrager Raceというホイールがかなり
良いらしくこの価格帯のモデルにしては素晴らしいホイールらしいです。
もちろんシールドベアリングでメンテナスフリーということです。

うん。2.3いいね!!

でも値段が、、、値段が高いよ!!
245,000円!

ヒルズに買いにきているもののヒルズ族でもなんでもない
ただのしがないシステムエンジニアのひろちには
この予算アップは痛いです。予算はあくまで20万だったので、、、、

負け犬ひろちは、TREK2.3に心が動きながら、カタログと名刺を
頂いてTREKショップを後にしたのです。

自宅に帰って、自分の中の価値観として20万以上出すなら、
もっとがっつりカーボン使っていたりしないと嫌だなとかしょうも
無い事を考えつつ、相も変わらずインターネットで良いバイクが
無いかなぁと探していた時に、2つの衝撃な情報が飛び込んで
きました。

①国道6号でひろちをぶっちぎって行ったCAAD9のインプレッション記事
http://www.cyclestyle.net/impression/vol_19.html
※明らかに2.1よりCAADを絶賛している(笑)まぁこういうのは資本関係とか
  変わるからなんとも言えませんけどね。。

②CAAD9の超特価情報。なんと35%引きという暴挙が浅草のとある
 ロードSHOPで行われている事。

これを機にひろちの心は急速にキャノンデールへ向かっていく事になるのです。
キャノンデールの自転車は調べれば調べるほど逸話が豊富で、数々の実績が
エントリークラスのモデルにさえある。また多くのロードバイク店主がCAAD9を
絶賛していました。

次回はロードバイク購入秘話も大詰めで最終章です!
ひろちは一体何を選んだのか!?(ってブログのタイトルだろーがっ!)

乞うご期待!!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 

自転車で遠くに行きたい

12月02日(火)22時31分
今日はブレイクタイムという事で書籍のインプレッションを
書きたいと思います。
(購入秘話TREK編は後日また続き書きます)

最近、自転車の書籍が多く発売されていて、
読書とサイクリングが趣味であるひろちは自転車の
書籍を読む事は同時に2つの趣味が行えて、
大変合理的です(笑)

今日、紹介したい本は私と同じ自転車が大好きな
皆さん(多分、ご自身の大切な時間を使ってこんな
私のブログ見て下さる位だからきっと自転車が大
好きに決まってますよね!?)がもっともっと自転車が
好きになってしまう素敵な書籍です。

有名みたいで以下のリンクを辿ると判りますが、
カスタマーレビューの評価もかなり高いです。

タイトルは「自転車で遠くへ行きたい。
著者は米津 一成 さんです。
jite.jpg


9月末位に購入したのですが、著者自身がロードバイクでの
ロングライドを通じて得られる喜びを赤裸々に綴った書籍で、
テクニックうんぬんの本ではありません。

しかし、内容が実に素晴らしい。

沖縄好きな著者が思いつきで申し込んでしまったツール・ド・沖縄
をきっかけにしてをロードバイクを購入しそこから自転車で走る事の
楽しみを見出して、徐々に週末のツーリングを重ねて長距離を走れる
ようになっていきます。(最終的には300km超え)

この書籍の素晴らしい所はその過程で感じた事や必要だった事が
順番を追って書いてあり、誰にでも数百キロ走るという事が決して
無理では無く、とても楽しい行為だと言う事が文面から伝わってきます。

ひろちがロードバイクの購入に踏み切ったのもこの本の存在が
少なからずあると思います。

あんまり書籍の詳細を書いてしまうのはまずいと思うのですが、
この書籍からは、以下の事を学びました。

①ブルペという長距離レースの存在
②ツール・ド・沖縄の素晴らしさ(来年は絶対私も出たい!)
③夫婦で自転車をする事の素晴らしさ
④200kmまでなら日常の一部とできる
⑤輪行の楽しさ

本当はもっともっとあるのですが、ざっくりで上げると
このような感じです。

ひろちは自転車を通じて得られる喜びをこの本を読む事に
よって改めて実感する事ができました。

是非ともこの作者がたどった道をトレースしたいと思います。
ひろちの当面の目標は150kmを余裕を持って走れるように
なる事です。


これからロードバイクを始めたい方や走行距離をもっと
伸ばしたいと思っている方ならこの本は読んでおいて
絶対損は無いです。

自転車って何が楽しいのかという事が今まで以上に
明確に再認識できると思います。

是非、来年は一緒にツール・ド・沖縄にでましょう!笑

次回も乞うご期待!!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


[ 2008/12/02 22:31 ] インプレッション! | TB(0) | CM(3)

ロードバイク購入秘話 その4 ~TREKってどうよ!?~

12月01日(月)23時06分
予告通り、今回はTREKバイクについてです。
実はひろちの大本命はこのメーカのバイクでした。

これから色々書きますが、やっぱりTREKに
魅力を感じるのはあのランス・アームストロング
が駆っていたバイクという事です。

特に2003年の第15ステージの走りはまさに
神の領域です。観客との接触アクシデントから考えられない
リカバリーを行って、到底山岳とは思えない走りには
ただただ驚くばかりです。



また、USポスタルチーム、そしてDiscoveryチームと
ドリームチームの機材はTREKが供給していました。

DiscoveryはNike・AMD等の大手企業もスポンサード
しておりユニフォームも本当にかっこいいのです。

実はひろちもDiscoveryチームのウェアはあまりにかっこいいので、
TREKバイクも持っていないのに買ってしまいました。。。

DSCF8288.jpg
DSCF8289.jpg


ミーハーと言われればそれまでですが、リスペクト
できる要素が満載でひろちもそれに魅せられて、
TREKに乗りたいっ!と思っていました。

さてそのTREKですが、どのようなメーカなんでしょうか。

TREKはアメリカで最も大きい自転車会社です。
歴史については以下のURLを参照するとよくわかります。
http://www.trekbikes.co.jp/trek/history_30.html

非常に新しい技術に積極的で、1985年からNASAの宇宙航空産業の
技術を自転車に取り入れてバイクを作成しています。

1993年には現在のマドンでも使用しているカーボン製法OCLVを
開発し現在まで高品質なバイクを作り続けているそうです。

実際、ランスアームストロングがツールを7連覇もしたものですから、
ブランドイメージは大変良いです。近年ではアルベルト・コンタドール
の活躍をそれに磨きをかけています。

そして、驚きだったのは、私が六本木TREKストアで受けた
接客です。まるで高級外車を買いにきたような丁寧な接客
に驚きました。(だいたい自転車屋っていうのは気はいいけれども
、品の良いって感じのスタッフは少ないものです)

ゆっくりと説明してくれて、しかも自転車で走る喜びをキチンと
伝えてくれようとしているのが判るのです。話を聞いているだけ
で楽しくなってしまいそうなそんな接客でした。

多分、セレブがロードバイクを買うとしたら、きっとTREKのマドン
とかを選んで買っていくのでしょう。

TREKはそんな感じのちょっとセレブレティなイメージの
ブランドだと思います。

そして、ひろち自身はというと、、、2009年モデルの発表と同時に
衝撃を受けたモデルがTREKにありました!!
もう絶対これを買いたい!って思える程の魅力です。

それは2.1という自転車です。
ホワイトと鮮やかなブルーのコントラストが素晴らしく
綺麗でホイールもBONTRAGERの文字が映えて
とてもかっこいい。。。。

21.jpg

しかし、しかし、カタログ上ではもうこれだと決めていた2.1を即決出来ない理由が
いくつかでてきたのです。。。

次回、あれだけ欲しかった2.1を何故ひろちは買わなかったのか!?

乞うご期待!!

↓ブログランキングに参加しています。この記事が参考になったら投票お願いします。私のブログ以外にも上位のランキングには興味深く参考になるロードバイクのブログが沢山ありますので見てみるのも良いと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

banner2.gif 


プロフィール

ひろち

Author:ひろち
友人の一声で2年前にGIANTエスケープR3購入をきっかけに自転車にはまったサラリーマンライダー。2年の歳月と走行距離7000kmを経て、ついに08年11月に念願のロードバイクCANNONDALEのSIX13を購入!!

今後、愛車ガンガン乗り倒して行く事も目論む、ビギナーライダーです。どうぞよろしくお願い致します。

フリーエリア